照明器具の各種特徴

ベストチョイスイルミネーション

照明の方法

照明器具・インテリア照明は素材や形によって光の出る方向を変えています。この光の出方の事をを配光といいます。

使う照明器具の配光を知り、あかりを照らしたい場所にうまく光をあてることで、より照明効果を高めることができるのです。
それぞれの照明器具の特徴を知っておけば、よりイメージに近い演出ができるだけでなく、そのコーディネートの幅も自然と広がっていくはずです。種類が豊富なベッドとうまく組み合わせましょう。

矢印 直接照明(シーリングライト)

直直接下方に照らす配光です。

直付タイプですのでダウンライトのかわりとして、多目的に使用できます。

矢印 直接照明(ペンダント)

金属製のセードなどは、光が漏れず下方中心に注がれますので直接光になります。

広がり感はありませんが落ち着いた雰囲気を漂わせます。

矢印 直接照明(ブラケット)

壁面のピクチャーなどを照らす局部照明に適しています。

矢印 直接照明(ブラケット)

光源が直接見えず、光が壁面に反射されるタイプです。

壁面にははっきりとした陰影をつくり、空間に鮮やかなアクセント美を漂わせます。

矢印 半直接照明(シャンデリア)

このような直付けシャンデリアは、下方中心に配光される直接光タイプです。

そのためローポジションの生活スタイルにも十分な光が確保されます。

矢印 半直接照明(シャンデリア)

シャンデリアのグローブが光を透過し広がりのある明かり感をかもし出します。

そのため天井面にも光が反射し、半直接光になります。

矢印 半直接照明(ペンダント)

ガラスやアクリルのセードは光を、透過し、半直接照明になります。

テーブル上はもちろん、様々な空間で活躍します。

 

矢印 半直接照明(ブラケット)

下方の光とセードを透過する光が空間にしっかりとした印象をつくります。

アウトレットソファでもゴージャスに見えるかもしれません。

矢印 半間接照明(シャンデリア)

このような上向きタイプは光が天井面中心に反射しますので半間接光になります。

広がる明かりと透過する明かりが空間に伸びやかな雰囲気をつくりあげます。

矢印 半間接照明(シーリングライト)

セードによって光が天井に反射する半間接光です。

空間を広く見せることができます。

矢印 全般拡散照明(シーリングライト)

一般的なシーリングの配光です。

フラットなスタイルから注がれる光は空間全体を包み込むようにてらします。

矢印 全般拡散照明

一般的なシーリングの配光です。

ソフトな光を漂わせます。

矢印 全般拡散照明(ペンダント)

ガラスセードに包まれたタイプは、光が全体にひろがります。

陰のない柔和な光ですので、吹き抜けスペースにさいてきです。

矢印 全般拡散照明(ブラケット)

光源をグローブですっぽり包み込んでいますので、光が全方向に広がります。

矢印 全般拡散照明(ブラケット)

壁面に光が反射し、なおかつセードの一部からも光が透過するタイプです。

ソフトな光が壁面に絶妙なコントラストをつくります

矢印 スタンド(大)

床(フロア)に置く大型のスタンドで、自由に設置できるのが特徴です。

矢印 スタンド(小)

テーブルやデスクの上に置いて使う小型のスタンドです。

アジアン雑貨のベッドの横に是非どうぞ!

インテリア照明を楽しもう